有名連

藝茶楽 (徳島県阿波踊り協会 )

踊りと鳴り物の調和をどこまでも追及する。
究極の阿波踊りを目指す。

阿波の方言で「ひょうきん」という意味の「げじゃらく」から名前をとり、昭和50年に発足しました。正調阿波踊りにこだわる藝茶楽は、温故知新の精神をモットーに、古典と今様のコラボレーションを目指しています。男踊りは、一人として同じ踊りであってはならないという信念から、それぞれの体型に合った踊り方を追求。女踊りは、基本に忠実に品よく優雅な踊りを心がけています。名物の奴凧踊り「黒龍奴」も人気です。多彩な音色を奏でる鳴り物とともにお楽しみください。

藝茶楽

男踊り

腰を落として、安定感のある低重心の姿勢を作る。指先を反らすように伸ばし、団扇を華麗にさばく。暴れ踊りに変わると、自在に激しく飛び跳ねる。自分らしさを踊りでどう表現するかがポイント。

藝茶楽男踊り

女踊り

上体を前に傾け、蹴り上げた足はしなやかに下ろす。肩を回して手を前に出し、次に柔らかく引き戻す。指先にも細やかに気を配り、優雅な舞いを意識する。古式ゆかしいたたずまいが、阿波女の魅力を高める。

藝茶楽女踊り

踊り方

データ

創立
1975年(昭和50年)5月1日
連長
福田一夫
連員数
107名
出典:あわだま編集部(2015)『阿波踊り本。II』 猿楽社.