有名連

ほんま連 (徳島県阿波踊り協会 )

豪快かつ、たおやかな踊りに
リズム感あふれる鳴り物。工夫を重ねて精進する。

ほんま連は、阿波の方言である「ほんま(本当、本物)」が連名の由来で、昭和43年に結成しました。連のモットーは「男性は男らしく、女性は女らしく」。男踊り、女踊りともにリズム感あふれるお囃子に合わせて、豪快かつ、たおやかに踊ります。若い女性たちで構成された女ハッピ踊りは一糸乱れぬ集団美を武器に、鍛え抜かれた技を披露します。連員たちはチームワークを高めて一つとなり、舞台に演舞場に街角に、元気いっぱいに踊り込みます。

ほんま連

男踊り

腰を低く落として、背筋は颯爽と真っ直ぐに伸ばす。上半身は少し前に傾ける。観客には笑顔を向ける。両手を大きく広げて、団扇を鮮やかにさばく。際立つ衣装に負けない、勇壮かつ大胆な踊りで魅了。

ほんま連男踊り

女踊り

腕を高く上げて、指先の細やかな動きにも気を配る。手首を返すように回して、手をしなやかに前へ出す。肩と腰を入れて踊るので、桜の花びらが舞うように両袖がはためく。優しい笑顔が踊りの魅力を高める。

ほんま連女踊り

踊り方

データ

創立
1968年(昭和43年)6月1日
連長
後藤田朋和
連員数
145名
出典:あわだま編集部(2015)『阿波踊り本。II』 猿楽社.