今年は、外国人のお客様に向けたサービスも導入される。「市役所前演舞場」では、踊り込んできた阿波踊り連を紹介するアナウンスをボランティアスタッフが英語で行う。また、「市役所前演舞場」近くの仮設トイレは、一部を洋式トイレに変更する。これからもお客様の声を聞きながら、快適な阿波踊り観覧ができるようサービスの充実をはかっていく予定だ。

見どころ

8月12日~15日 18時~22時30分
※有料演舞場は入れ替えのため、30分間の休憩時間あり。

阿波踊りをゆったり鑑賞するなら、演舞場での観覧がおすすめ。徳島市阿波おどりでは「市役所前演舞場」など有料演舞場が4か所、「両国本町演舞場」など無料演舞場が2か所用意されている。有料演舞場のチケットは、コンビニ店頭やインターネットなどで事前に購入できるほか、当日券も用意されている。駅や宿泊施設、歓楽街へのアクセスを考慮して、踊り見物の計画を立てておきたい。
8月12日~15日 18時~22時30分

演舞場以外でも阿波踊りを見物できる。「新町橋東おどり広場」「両国橋南おどり広場」は公園内のステージを使った会場で、連が次々と踊り込んで演舞を披露する。四国電力徳島支店の前には「よんでん阿波おどり広場」が作られ、21時30分まで無料で阿波踊りを見ることができる。
8月12日~15日 18時~22時30分

街中では、踊り子たちが前触れもなく突如、輪踊りを始めることがある。輪踊りとは、踊り子らが円陣を組み、輪の中で即興で踊り合うパフォーマンスのこと。演舞場や舞台で見せない、素顔の踊り子の姿を間近に見ることができる。観客が飛び入り参加できることも。


8月12日~15日 18時30分~、20時30分~

踊り見物をしていると身も心も浮き立ち、踊りたくなる人もいるのでは? そんな人のために、当日飛び入り参加できる「にわか連」が用意されている。「にわか連」に参加すると、有名連の踊り子から踊り方を教わり、演舞場に踊り込むことができる。参加費は無料。せっかく本場を訪れたのなら、踊りの楽しさを体感しておきたい。
8月14日~15日 17時~20時

この夏、お揃いの衣装・ハッピを着て踊りませんか? 8月14日・15日、「水都とくしま連」に参加すると、本格的な踊りスタイルで有料演舞場へ踊り込むことができる。参加費は男踊り、女踊りは3,000円、子ども踊りは1,000円。

8月11日 11時~、15時~、19時~

本番前日の8月11日は、徳島市内のアスティとくしまで「選抜阿波おどり大会 前夜祭」を開催。阿波おどり振興協会、徳島県阿波踊り協会に所属する有名連33連の選抜踊り子らが豪華絢爛なステージを披露する。総勢600人によるフィナーレは圧巻。一度は見ておきたい。
8月12日~15日 11時~、13時30分~、16時~

阿波踊りファンなら一度は観覧したい「選抜阿波おどり大会」は、期間中の昼間に開催されるイベント。阿波おどり振興協会、徳島県阿波踊り協会に所属する有名連が各回6連ずつ出演し、豪華絢爛な阿波踊りショーを披露する。公演時間は約70分。演舞場の阿波踊りとはひと味違う、優美で幻想的な世界に浸ってみよう。



期間中は、徳島市中心部のいたるところで阿波踊りを見物できる。阿波おどり会館では「特別公演」(入場料1,000円)と題して1日3回、有名連によるショーを開催。アスティとくしまでは、有名連2連が日替わりで出演し、演舞を披露する。13日から3日間、NHK徳島放送局や徳島市シビックセンターには県内外の多数の連が踊り込み、無料で踊りを見物できる。

チケット情報

有料演舞場チケット

8月12日(土)~15日(火) 第1部/18:00~20:00 第2部/20:30~22:30
市役所前演舞場・藍場浜演舞場・紺屋町演舞場・南内町演舞場

席  名 一 部 二 部 前売料金
(税込)
当日料金
(税込)
特別席1席
(指定席)
18:00~20:00 20:30~22:30 5,000円 5,200円
S席1席
(指定席)
18:00~20:00 20:30~22:30 2,000円 2,200円
A席1席
(指定席)
18:00~20:00 20:30~22:30 1,800円 2,000円
B席1席
(指定席)
18:00~20:00 20:30~22:30 1,600円 1,800円
C席1席
(自由席)
18:00~20:00 20:30~22:30 900円 1,100円
※特別席は、南内町演舞場のみ。※チケット1枚につき発券手数料が別途108円必要です。※3歳以上の方は有料です。3歳未満の方は無料ですが、膝の上で抱いてください。※市役所前演舞場に車椅子席を設けています。事前にお問い合せください。※ペット(介助犬を除く)を連れてのご入場はお断りさせていただきます。

有料演舞場チケット

前夜祭 8月11日(金) 11:00~、15:00~、19:00~

会 場 一 部 二 部 三 部 区分 前売料金
(税込)
当日料金
(税込)
アスティとくしま 11:00 15:00 19:00 特別指定席 2,600円 2,800円
指定席 2,200円 2,400円
自由席 1,600円 1,800円

選抜大会 8月12日(土)~15日(火)11:00~、13:30~、16:00~

会 場 一 部 二 部 三 部 区分 前売料金
(税込)
当日料金
(税込)
あわぎんホール  11:00 13:30 16:00  指定席  2,000円 2,200円
自由席 1,400円 1,600円
※チケット1枚につき発券手数料が別途108円必要です。※3歳以上の方は有料です。3歳未満の方は無料ですが、膝の上で抱いてください。

演舞場ガイド

道路幅が広く、ゆったりとした会場。期間中、22時15分から徳島県阿波踊り協会所属連による合同演舞が披露される。全長110メートル、収容人員約3,100人、JR徳島駅から徒歩10分。
藍場浜公園内に設けられた演舞場。全長122メートル、収容人員約4,900人は演舞場の中で最大規模。JR徳島駅から徒歩5分の至近距離で、徳島県郷土文化会館からも近い。桟敷席に座ると、新町川からそよぐ夜風が心地よい。
繁華街の中心、紺屋町シンボルロードに設置された演舞場。阿波踊り連は眉山に向かって踊り込む。全長100メートル、収容人員約2,700人、JR徳島駅から徒歩15分。歓楽街や商店街に近く、食事やショッピングに便利。
徳島こども交通公園内に設けられた演舞場で、川に沿ってゆるやかに湾曲している。期間中、22時15分から行われる阿波おどり振興協会による合同フィナーレは圧巻。全長122メートル、収容人員約3,000人、JR徳島駅から徒歩12分。
両国本町商店街にある演舞場。全長170メートルは演舞場の中で最長。両国橋方向へ軽く上っており、踊り子にとってはタイトな演舞場。桟敷席は3段と低いため、後方から立ち見できる。収容人員1,400人、JR徳島駅から徒歩7分。
東新町商店街の入り口近くに設けられた演舞場。JR徳島駅から徒歩5分とアクセスもよく、阿波おどり会館にも近い。有名連以外にも一般連、学生連が次々と踊り込み、活気がある。全長110メートル、収容人員約600人。

シャトルバスの運行

吉野川河川敷緑地臨時駐車場
吉野川河川敷緑地⇔徳島市立体育館前
運行時間16:00~23:00
約1.8辧陛綿睫30分)
マリンターミナル駐車場
マリンターミナル⇔徳島寺島公園前
運行時間16:00~23:00
約4.0辧兵嵬10分)
シャトルバスの運行料金

阿波おどり交通整理料として、
一人一回100円(小学生未満は無料)